2018.2.28 16:07(1/2ページ)

るうのプ女子入門道場 Vol.22 プロアマ問わず!?参加者のレベルが高すぎる!第2回巌流島稽古会

るうのプ女子入門道場 Vol.22 プロアマ問わず!?参加者のレベルが高すぎる!第2回巌流島稽古会

稽古後のキラキラしている選手達

稽古後のキラキラしている選手達【拡大】

 みなさまこんばんは、新人ライターのるうです。今回は2.10にカルペディエム広尾道場で行われた“第2回巌流島手合せ稽古会”についてお届けします。

 応募者殺到で40人の定員が3日でオーバー。(今稽古会参加者47人)前回の12月に行われた第1回稽古会は行くことができなかったので、私にとっては初めての稽古会。ドキドキしながらも全身で感じてきました!!

 残念ながら菊野選手はテコンドーの試合で右手拳骨折のため、今回稽古会は見学。羨(うらや)ましそうに選手を見つめていました。今回は稽古会の流れとともに、気になった選手を簡単に取り上げたいと思います。

 まず最初は参加者紹介。名前を呼び上げられたあと自分で簡単に自己紹介を行う姿はまるで学校のよう。その後に稽古会、ライトスパーリングのルール説明が行われました。

 前半は1R1分立ち技のみ。後半は1R2分巌流島ルールと立ち技のみの組に分かれてのスパーリング。巌流島ルールもけがをしないように、細かい規定があっての練習用ルールで行われていました。

 ではここからは、気になった選手を上げていこうと思います!まずは、巌流島ファイターの参加者。

 瀬戸信介選手【蟷螂(とうろう)拳(カマキリ拳法)…本当にカマキリのようでした!手をカマキリの鎌のように構え左右にユラユラと身体を動かす。緩く出しているような手や足の攻撃は、見ているだけでも威力が強いのが伝わってきて構えの不思議さとともに衝撃を受けました。

 原翔大選手【極真拳武會(実戦空手)】…構えているところからの突きが、まるで手が伸びているように見えました。そこからその距離でその威力で相手にあたる!?みたいな。肩甲骨の使い方なんでしょうか?とてもひきこもりとは思えません。

 岩崎徳正選手【数見空手】…何よりも感動したのは岩崎選手の軸のぶれなさ。そして頭の位置。当たり前のことではあるのですが、技を出しても払っても一切ぶれることのない安定感のある軸と、天井の高さが低くなったのかと思わせるほどの頭の位置の動かなさに感動しました。

 蓮見隆太選手【キャッチ・アズ・キャッチ・キャン】…後半の巌流島ルールでのライトスパーの輝きが当たり前ですがすごかったです。軽い脚の動き、組んでから相手を寝かせるまでの速さ、そしてグランド技術。一連の流れが鮮やかできれいでした。

 アキラ・シット・レック選手【システマ】…稽古会でも不思議な魅力たっぷりでユラユラと揺れていました。相手への間合いの詰め方がやはり見ていてもつかめなくて、実際対戦している選手方もやりづらいのでは?と感じました。

 左禅丸選手【日本拳法】…発している空気感というのでしょうか?圧がとても強い様に感じました。1歩距離を詰められるだけで引いてしまいたくなるような、圧を気迫を見ていて感じました。

 次に、参加者の中から気になった方をピックアップして取り上げさせていただきます。

 大ももち選手【ニャンニャン拳法】…会場やSNSなどでは拝見していたのですが、試合や練習をしているところを見るのは初めて。ライトスパーの時にはツインテールを外していたのですが、さわやかな好青年でビックリしました!ニャンニャン拳法も謎だらけだったのですが、普通に強かったです。かわいさも満点でした!

 冨岡雅人選手【テコンドー・クラブマガ・柔術】…ブラピやマドンナも護衛する、職業ボディーガードのイケメンさん。木村拓哉さんのドラマにも出演していたそうです。「私も守られたい!!」とミーハー心が揺さぶられまくりでした。ライトスパーではテコンドーを感じさせる1つ1つの動きの速さと、きれいな高さのある踵(かかと)落としが印象的です。

【続きを読む】

  • 菊野選手の説明を真剣に聞く参加者の皆さん
  • 稽古中の原選手(実戦空手)と岩崎選手(数見空手)
  • 原選手(実戦空手)と中村選手(空道)
  • 瀬戸選手(蟷螂拳)
  • 原選手(実戦空手)と蓮見選手(CACC)
  • 大ももち選手(ニャンニャン拳法)と西村選手(伝統派空手)
  • 岩崎選手(数見空手)とVito選手(CACC)
  • 礼に始まり礼に終わります
  • ハンドスタンプアートプロジェクト