2018.2.22 17:41

 多田将&小泉悠と行く「ロシア軍事博物館ツアー モスクワ・クビンカ・モニノ縦深作戦」を5月開催。予約受付中

 多田将&小泉悠と行く「ロシア軍事博物館ツアー モスクワ・クビンカ・モニノ縦深作戦」を5月開催。予約受付中

 「ソ連マニア」「軍事オタク」で知られる物理学者、多田将氏(高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所准教授)と、気鋭の軍事アナリスト、小泉悠(未来工学研究所研究員)の解説でロシアの3つの軍事博物館を巡る「ロシア軍事博物館ツアー モスクワ・クビンカ・モニノ縦深作戦」が、5月23日から27日の5日間の日程で実施される。料金は35万円。

 日程は5月23日(水)成田空港発。モスクワ到着後ホテルへ。翌24日(木)はモスクワ観光の後、中央軍事博物館を見学します。25日には専用車でクビンカに移動し、パトリオットパークおよびクビンカ戦車博物館を見学。モスクワに移動して宿泊。24日は専用車でモニノに移動し、モニノ空軍博物館を見学。夕刻に空路で帰国の途につき、27日午前に成田空港に到着の予定です。

 中央軍事博物館では、ゲーリー・パワーズが登場していた冷戦の象徴である米偵察機の残骸や第二次大戦時の武器が豊富に展示されている。

 また、パトリオットパークおよびクビンカ戦車博物館には、マウスをはじめとするドイツ鹵獲戦車のコレクションや世界中の戦車を見ることができる。

 最後にモニノ空軍博物はロシア航空機関係では世界最大級のコレクションを誇り、200機近い航空機と航空エンジンが展示されている。

 ツアーに同行し各博物館で解説を行っていただくのは多田将氏と小泉悠氏のお二人。

 金髪ロン毛の物理学者として知られる多田氏は、素粒子物理学や原子核物理学の研究・実験を行う専門機関で活躍する一方、日本を代表する「ソ連マニア」「軍事オタク」で知られる。

 小泉氏はロシアの安全保障政策を専門とする軍事アナリストだが、中東、欧州をはじめ、世界各国の軍事情勢にも精通する。北朝鮮がミサイルを発射する度に各種メディアでわかりやすい解説を行っているほか、正確なプーチン大統領分析には定評がある。

 ネットでしか見たことのない戦車や航空機を日本ミリタリー界「二大巨頭」の生解説を聞きながら見学できるのはこのツアーだけです。この機会にぜひツアーに参加してみてはいかがか。

 ツアーに関するお問い合わせはサンケイツアーズ(電話03-5283-8250)まで。

 申し込みは産経旅行部サイト(https://tabi.sankei.co.jp/tours/kanto/20171124-62/)で受付中です。