2017.12.27 11:00(4/7ページ)

【椿あきおコラム・インタビュー】「“推し増し”は正義です」第三十四回 ハッピーくるくる

【椿あきおコラム・インタビュー】

「“推し増し”は正義です」第三十四回 ハッピーくるくる

特集:
椿あきお
のの 自撮りが下手なため、SNSにアップする写真は、きのこがチェックしているそう

のの 自撮りが下手なため、SNSにアップする写真は、きのこがチェックしているそう【拡大】

 のの「あと、デビューから2回目くらいのときに寝坊したよね」

 きのこ「その時はマネジャーさんもいなかったから、ライブ音源もなくて。自分たちもデビューしたばかりで全然何もわからなくて、イベンターの人にどうすればいいですか?って。SoundCloudから音源引っ張って、音質悪いし、音止まっちゃって、ほとんどアカペラみたいになるし。知らな過ぎたからできたみたいなところはあります」

 のの「でも、乗り越えた。あそこで強くなったよね。今だったら、できるけど、余計なことしちゃうから。あの時は、曲が止まっても歌い続けた。お客さんが拍手してくれたよね」

 きのこ「あと、12時間配信という企画があったんです。スズキさんの自宅を借りて配信する予定で。でも、ドアをピンポンしても起きなくて。仕方なく最寄りのショッピングモールの中の椅子から・・・・・・」

 のの「近所のお年寄りのみなさんと一緒に。とりあえず「プロデューサーが起きません!」ていう配信をして(笑)。波瀾(はらん)万丈なことが多すぎて慣れました。全然焦らなくなったよね」

 きのこ「なんとかなるでしょみたいな、臨機応変にできるようになりました」

 --それでもハピくるは楽しい?

 のの「はい。学校帰りにレッスン行って、週末ライブ。体力的には大変なこともあるけど、自分のやりたいことをやっているから気持ち的に全然いけます!」

 きのこ「自分の人生の中で、楽しいことはだいたいハピくるの中なんですよ。だから、楽しいです。」

 マネジャー「ハピくるにかける思いがめちゃめちゃ強い。平日も週に3回くらいミーティングしています」

 のの「ミーティング、めちゃめちゃ多いんですよ。」

 きのこ「何をそんなにミーティングで話しているのって、ファンの人に言われるんですけど・・・・・・」

 のの「次のライブで何をするというようなことも、いちいち集まって細かく決めるんです。あと、こういうイベントしたいとか、こういうイベントに出たいとか。今後どうなりたいのかとかも集まって、一緒に目標に向かって頑張ろうみたいなことを話しています」

 きのこ「近い話だと、明日の話だし、1カ月2カ月後の話もするし、1年2年後の話もします。ハピくるには年間計画みたいなのがあって、それを目標に活動しているんです。でも、みんながみんな正解をわからずにやっているから、スズキさんも会うたびに「最近こう思ったんだ。昨日考えていてこう思ったんだけど、どうだろう?」みたいな話を毎回しています。3人でミーティングして、方向性を決めて取り組んでいくんです。たぶん、方向性なんて知らなくてもライブはできるじゃないですか。でも、結局いつかダメになっちゃうと思うから」

【続きを読む】

  • きのこ(左)、のの(右)二人とも現在17才
  • 1stミニアルバム『HappyKuruKuru』全7曲入り2000円で発売中
  • きのこサイリウムとケーキで祝ってもらう「生誕ライブ」に憧れているらしい