2016.11.4 21:39(1/3ページ)

【上坂すみれコラム】「上坂すみれの文化部は夜歩く」ヲタカル版(31) 大坪由佳、バウムクーヘンを語る?!  

【上坂すみれコラム】

「上坂すみれの文化部は夜歩く」ヲタカル版(31) 大坪由佳、バウムクーヘンを語る?!  

特集:
上坂すみれ
大坪由佳さんと

大坪由佳さんと【拡大】

 みなさん、Добрый вечер。上坂すみれです。今回のゲストは大坪由佳さんです。

 大坪さんは資格をいっぱい持っていらっしゃるのですが、高校の卒業の条件に資格を四つを取らなくてはいけなかったので取得したものや個人的にもいろんな挑戦が好きで取られた資格もあるそうです。声優を始めてからは定期的に時間が取れないので、検定にはいけないそうですが、「声優になってできることがいっぱいあるので」とおっしゃっていました。

 資格の中で私が気になったのは文書処理能力検定。これはタイピングの速さの能力。紙に書かれた文書などを何分間で打って、wordで処理するという検定だそうです。デレステがうまくなりそうな検定ですね。指が強くなりそうです。

 検定って5級とかでも一応基礎問題は全部出るじゃないですか。あれを1から覚えるのは、免許を何回も取り続けるみたいで大変ですよね。私は漢検の準1級の試験の時に会場の一番最前列に座っている8歳ぐらいの男の子が、30分ぐらいで問題を解いて、「君はまだ解いてないの?」みたいな風を吹かせていたのを見て、落ち込んでもう受けなくなったんです。大坪さんは「そういうとこ繊細よね」って言ってくれましたが、本当にガラスのようなプライドを持っているんです。

 リスナーさんから「クリスマスニコ生の相撲パウダー事件」について、「お二人の出合いってどんな感じだったのでしょうか?」という質問メールが来ていましたが、大坪さんとがっつり絡んだのは、そのクリスマスのニコ生が初めてでした。そこで四つくらいあったケーキのどれが一番値段が高いかっていうのを当てるゲームをやっていて、大坪さんが「このケーキはスノーパウダーがかかっているから高そう」って言おうとして、かんでしまって、「相撲パウダー」って言っちゃったんです。それから手で押す張り手の動きと一緒に「相撲パウダー」って大坪さんがやっているのを見て、私、めちゃくちゃ面白かったんで轟沈してしまったんです。

 出会った頃は2人とも未成年でお酒は飲めなかったんですけど、それから、いろんな作品で共演したりとかして、飲めるようになってからは、大坪さんがよく誘ってくださるので飲みに行ったりしています。

 大坪さんは人を誘うのが大好きだそうで、そのスキルってどこで手に入れたのか不思議に思っていたのですが、「興味があったら話したいじゃないですか」ってさらっと言われて、あんまり仲良くなくても踏み越えていける技術はすごいと思いました。

【続きを読む】

  • 2017年ラジオ大阪カレンダー