2016.8.26 15:22(1/4ページ)

【上坂すみれコラム】「上坂すみれの文化部は夜歩く」ヲタカル版 サハリンは思ったより近い!

【上坂すみれコラム】

「上坂すみれの文化部は夜歩く」ヲタカル版 サハリンは思ったより近い!

特集:
上坂すみれ
今村朗さんと上坂すみれ

今村朗さんと上坂すみれ【拡大】

 みなさん、Добрый вечер。上坂すみれです。今回のゲストは元ユジノサハリンスク日本国総領事の今村朗さんです。やっと、ほんとの意味で「Добрый вечер」できてうれしいです!今村さんは今年の3月までユジノサハリンスクの日本総領事をやられていらっしゃいまして、もちろんロシア語もすごく堪能です。

 祖母が子どもの頃、まだ樺太と呼ばれていた頃のサハリンに住んでいたというリスナーさんからメールをいただきました。曾祖父が製糸工場に勤めていた関係で、一家そろってサハリンへ移住したとのことでした。わたしはあまりサハリンの歴史に詳しくなかったので、日本の方が移住した時期があることを初めて知りました。

 今村さんには、そもそもサハリンってどういうところなのか教えていただきました。サハリンは、北海道のすぐ北にある島で、大きさも北海道と同じぐらいなんですけど、南北に長い、お魚が立っているような形をしているそうです。日本から近くて、北海道の宗谷岬からサハリンまでの距離は、大阪から京都と同じぐらいなんですって。だから電車だと30分ぐらいで行けちゃう距離ですね。実際に北海道の宗谷岬から天気のいい日はサハリンが見えるそうです。最近は石油とか天然ガスが出る資源の島として注目されているんですって。

【続きを読む】

  • 今村朗さんと
  • サハリン州郷土史博物館(今村さん提供)
  • 恵須取(現在のウグレゴルスク)にある廃墟となった製紙工場(今村さん提供)