2016.4.29 11:11(1/4ページ)

【上坂すみれコラム】「上坂すみれの文化部は夜歩く」ヲタカル版 最後は「今来たばっかり」

【上坂すみれコラム】

「上坂すみれの文化部は夜歩く」ヲタカル版 最後は「今来たばっかり」

特集:
上坂すみれ
桃井さん(中央)と早瀬さん(右)と一緒に

桃井さん(中央)と早瀬さん(右)と一緒に【拡大】

 みなさん、Добрый вечер。上坂すみれです。

 第4回目のゲストも引き続き桃井はるこさんです。実は、桃井さんからアルバム「STAY GOLD」をサイン入りで頂いちゃったんです。ありがとうございます!超うれしいです。

 先週はパソコン通信の話だけで終わっちゃいましたが、胸がときめきました。今週、わたしが桃井さんに聞きたかったことは、バーチャルアイドルについてです。

 最近では、初音ミクちゃんが登場して、ライブを開くまでになっていて、しかもすごいクオリティーが高い。演奏は人間がしているんですが、機械が歌っている。しかも、見ている方もそれで盛り上がれるっていうのがすごいですよね。

 でも、私はそれがてっきり初音ミクから登場したものだと思っていたら、すごく歴史があって、90年代後半にバーチャルアイドルっていうのがはやっていたそうです。ホリプロに所属していた伊達杏子さん?とか、DK-96?とか97?とかっていう、なんかイケイケな、ちょっとリアル女性に近い造形のCGのアイドルがいたようなんです。

 桃井さんが初めて行った声優の金月真美さんのライブでは、「ときメモ(ときめきメモリアル)」の藤崎詩織の楽曲も歌われていたそうです。桃井さんがおっしゃるには、最初からアイドルはバーチャル要素がすでにあるもので、例えば好きな食べ物を聞かれると、本当はオクラが好きでも、マカロンが好きですとかに変えたり。なにか“つくっている”ところがすごく面白いと思っていたそうです。

【続きを読む】

  • 桃井さんにもらったサイン入りアルバム