2016.4.5 13:13

【橘川幸夫コラム・インタビュー】田尻くんから学ぶ最新オタク・カルチャー事情

【橘川幸夫コラム・インタビュー】

田尻くんから学ぶ最新オタク・カルチャー事情

特集:
橘川幸夫
最新オタク・カルチャー事情に詳しい田尻智くん

最新オタク・カルチャー事情に詳しい田尻智くん【拡大】

 みなさん、こんにちは。

 僕(橘川幸夫)は、オールド・サブカル野郎です。1972年にロック雑誌の「ロッキングオン」を渋谷陽一らと創刊しました。僕が大学生で渋谷は浪人生でした。創刊から数年は、僕の部屋がロッキングオン編集部でした。その前に、「まんがコミュニケーション」という伝説的なマンガ批評新聞の創刊も手伝っていて、ロック&コミックスの70年代を過ごしました。

 田尻智くんは、東京の町田市で生まれ育ち、昆虫少年からゲーム少年になり、1983年に、

当時としては珍しかったゲーム攻略同人誌「ゲームフリーク」を創刊し、その後の攻略本シリーズのさきがけとなった。そして、自分でもゲームを作り始め、1996年に発売された「ポケットモンスター」は、世界的な大ヒット・コンテンツになる。

 橘川は数年前から田尻くんの時代の動きを嗅ぎとるセンサーのような感性に注目し、情報交換を続けてきました。今回、「ヲタカル」のスタートということで、最新オタク・カルチャー事情について田尻くんから学びたいと思います。

--------------------------

 橘川・田尻くん、こんにちは。「ヲタカル」がはじまりますので、田尻くんのセンサーで見つけた新しいサブカルの動きなどを教えてください。最近、気になることって何ですか?

 田尻・こないだ橘川さんからもらった、森永製菓の「JACK」というのがおいしかったので、コンビニをいろいろ回ったのですが、福楽得という会社が出している「塩キャラメルくるみ」というのがありました。JACKはアーモンドに焦がしキャラメルをコーティングして塩味にしてあるのですが、福楽得のはくるみをキャラメルで包んで塩味にしてます。どうも、こういう種類のお菓子がいろいろと出てきていて、面白いですね。

 橘川・田尻くんは「グミ」とか、いろいろ調べてましたね。面白い本とかはどうですか。

 田尻・こないだ同人誌で「オスプレイの基礎知識」(超兵器科学研究所)という本を買いました。オスプレイは、ヘリコプターのように滑走距離がいらなくて、飛行機のように飛行距離が長いんですね。

 橘川・兵器のこと、詳しいですよね。

 田尻・ちょっと前の本ですけど「写真が語る日本空襲」(現代史料出版)という本があって、アメリカで公開された写真資料を編集したものです。これを見ると、長崎・広島に原爆が落とされる前に、同じ形状の爆弾に火薬つめたものを、日本各地の都市に47発も落としているんです。東京の八重洲や大阪・神戸にも落とされています。

 橘川・それは怖い話ですね。原爆の投下訓練だったのですね。もしかしたら、そのうちどれかが原爆になった可能性もあるわけですね。田尻くんは、そういう普通の人が知らない情報をよく集めてきますね。軍事以外ではどうですか。

 田尻・「図説・近代魔術」(河出書房新社)という本なんですが、魔法というのは、日本のゲームやアニメによく使われています。「魔法使いサリー」から「魔法つかいプリキュア!」や「魔法少女まどか☆マギカ」など、魔法ものが多いです。1987年にナムコがゲームセンター向けに「ドラゴン・スピリット」を出したのですが、これも、魔法陣が出てきます。魔法陣は「新世紀エヴァンゲリオン」にも登場しますね。

 橘川・魔法とテクノロジーの融合なんですね。

 田尻・サンライズの「舞-HiME」(まいひめ)というアニメがありますが、魔法を教える学園ものなのですが、校舎の地下にサーバーがあって、そのサーバーが生徒の魔力を引き出すという設定なんです。魔法とインターフェース・プログラムの融合なんです。生徒は、魔法の素質と、プログラムの素養が必要になります。

 橘川・なんだか、ワクワクしてきますね。

 田尻・サーバーがダウンすると魔法が使えなくなるんです(笑)

 橘川・設定の勝利だ。田尻くんは、同人書店やゲームセンターにもよく行きますが、何か新しい動きはありますか。

 田尻・タイトーが電子マネーでプレイできるゲーム機を出してきました。秋葉原の駅ナカにあったときは、ゲーマーが行列してましたよ。

 橘川・なるほど、スイカなら、コインを回収する手間がなくなるので人件費も下がるからゲーム代も下がるのかもしれませんね。今日は、ありがとうございました。また、面白い話を聞かせてください。

橘川 幸夫

「橘川 幸夫」イメージ画像デジタルメディア研究所、所長。多摩大学経営情報学部客員教授。渋谷陽一らと音楽投稿雑誌「ロッキングオン」創刊。‘78年、全面投稿雑誌「ポンプ」を創刊。その後、さまざまなメディアを開発する。

  • 「写真が語る日本空襲」(現代史料出版)
  • 森永製菓の「JACK」
  • 「図説・近代魔術」(河出書房新社)