デジタル・エンターティメント研究会が公開トークライブvol.2「ゲームと文学-『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」を6月17日に開催

 
昨年のデジタル・エンターティメント研究会公開トークライブの模様

 デジタル・エンターティメント研究会(代表:橘川幸夫)が6月17日(日)に公開トークライブ vol.2「ゲームと文学-『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」を開催する。

 デジタル・エンターティメント研究会(通称・デエ研)は、ゲームの歴史における、エポックなハード、ソフト、人物などを整理・分析し、未来のゲームのあり方を模索するのを目的に設立された。

 イベントは、ビデオゲームをはじめ広く「ゲーム」を扱った文学作品を10年単位で紹介し、これからの「ゲーム」と「文学」のあり方を考えよう-というもので、未来のVRゲームを題材にした小説『レディ・プレイヤー1(邦題:ゲームウォーズ)』の映画化や、4月刊行の“伝説のプロゲーマー”による自伝的小説『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』など、新たな潮流である「ゲームと文学」の関係に考察。歴代のエポックメーキングとなった小説作品を振り返りながら、ゲームと文学のホットな化学反応を一望する。

 ■イベント詳細

 名称:ゲームと文学-『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで

 主催:日本未来学会 デジタル・エンターティメント研究会

 日時:2018年6月17日(日) 13:30開場 14:00開演

 会場:桜神宮会館(東京都世田谷区新町3-21-3、東急田園都市線桜新町駅北口徒歩2分)

 ()

 料金 前売 1000円/当日 1500円

 登壇者(予定)

 橘川幸夫(株式会社デジタルメディア研究所所長)

 中川大地(評論家/編集者 明治大学野生の科学研究所研究員)

 野安ゆきお(ゲームジャーナリスト)

 平井太郎(編集/ライター 株式会社レッドタビー)

 高橋信之(株式会社スタジオ・ハードデラックス代表取締役)

 浅野耕一郎(ゲームクリエイター)

 山肩大佑(リアル脱出・謎解きゲームプロデューサー)ほか

Read more