2018年オープン戦 試合結果

2018/03/07(水)

▼エンゼルス-ドジャース (テンピ、15:10 日本時間:8日 5:10)
  123456789
ドジャース
エンゼルス
大谷 大谷翔平 7番指名打者先発出場 [成績]
打数 得点 安打 打点 四球 三振 打率
2 0 0 0 0 1 .091
打席別結果
打席 状況 投手 結果
第1打席3回裏先頭打者カーショー見逃し三振
第2打席4回裏一死一、二塁シュリッター遊ゴロ併殺打

ドジャース戦の3回、見逃し三振に倒れベンチに戻るエンゼルス・大谷。投手カーショー=テンピ(共同)

【投手】
(ド)カーショー、シュリッター、スチュワート、コルシノ、モラン、ブルサード-グランダル、ルイス
(エ)リチャーズ、ジョンソン、ラム、ウッド、クロール-リベラ、グラテロル

【責任投手】
(勝)スチュワート1勝
(S)ブルサード1S
(敗)ラム1勝1敗

【本塁打】
(ド)トールズ2号ソロ、フォーサイス2号2ラン
(エ)ウォルシュ3号ソロ

【戦評】
 大谷は「7番・指名打者」で先発出場し、2打数無安打だった。内容は見逃し三振、遊ゴロ併殺打。六回に代打を送られ、チームは2-4で敗れた。

大谷、イチローから「世界一の才能」

 イチローがマリナーズに復帰したことを受け、日本選手からは歓迎の声が相次いだ。

 年齢制限などの規定でエンゼルスとマイナー契約の大谷はイチローに「世界一の才能」と評された。ドジャースとのオープン戦に出場後、イチローに対戦を希望されていることを伝え聞き「素直にうれしいし、僕が試合に出ていく必要がある。絶対的にそこが必要なことだし、今そこをつかみ取りにいっている段階」と厳しいメジャーでの生き残りへ気を引き締めた。

 ヤンキースの田中はメジャー1年目だった2014年にイチロー外野手と同僚だった。同年途中にイチローがマーリンズに移籍し、15年6月に一度だけ対戦してヒットを2本許している。「同じア・リーグなので対戦機会があると思う。前回は2安打されているので、抑えられるように頑張りたい」と明るい表情で意欲的に話した。(共同)