2021.5.2 14:48

岩田寛が6年ぶりの優勝 2打差を逆転しツアー通算3勝目/国内男子

岩田寛が6年ぶりの優勝 2打差を逆転しツアー通算3勝目/国内男子

通算12アンダーで優勝した岩田寛=名古屋GC和合

通算12アンダーで優勝した岩田寛=名古屋GC和合【拡大】

 中日クラウンズ最終日(2日、愛知・名古屋GC和合C=6557ヤード、パー70)雷雨のため日没サスペンデッドとなった前日の第2ラウンド(R)の残りと最終Rを行い、首位と2打差の7位から最終Rを出た岩田寛(40)=フリー=が63で回り、通算12アンダーで逆転優勝した。2015年「セガサミーカップ」以来となるツアー通算3勝目。岩田はスタートの1番(パー4)からの2連続など7バーディーをマーク。ボギーなしの完璧ラウンドで、悪天候のため初日が中止となった54ホールの短期決戦を制した。

 大会史上3人目の連覇を狙って、首位タイから出た宮本勝昌(48)=ハートンホテル=が3打差の2位。同じく首位タイから出た高山忠洋(43)=スターツ=と香妻陣一朗(26)=フリー=が通算8アンダーの3位。注目ルーキーの金谷拓実(22)=フリー=は通算3アンダーの15位だった。

ツアー日程へ