2021.4.30 13:19

松山英樹、菅首相にサイン入りキャップ「すごく緊張した」/米男子

松山英樹、菅首相にサイン入りキャップ「すごく緊張した」/米男子

特集:
松山英樹

 男子ゴルフの海外メジャー「マスターズ」をアジア人として初めて制した松山英樹(29)=LEXUS=が30日、首相官邸で行われた内閣総理大臣顕彰式に出席した。大会で優勝者に与えられるグリーンジャケットに袖を通して臨んだ松山は、サイン入りキャップなどを菅義偉首相へと手渡し。「すごく緊張した。その中ですごい賞をもらえたので、身が引き締まる思い」と振り返った。

 「内閣総理大臣顕彰」は、1966年に佐藤栄作内閣が創設。国の重要政策の遂行、災害防止・救助、学術・文化の振興などに貢献した人・団体で、特に功績が顕著で全国民の模範と認められる対象に授与される。顕彰は50件目で、これまで33人、16団体に授与されてきた。ゴルフ界では、米女子ツアーで賞金女王となった岡本綾子(1987年)に次いで2人目の栄誉となった。