2021.4.9 08:04

国内女子ゴルフ、大会関係者が新型コロナ陽性反応 初日のスタート時間が遅延

国内女子ゴルフ、大会関係者が新型コロナ陽性反応 初日のスタート時間が遅延

花屋敷GCよかわコースに設置された、新型コロナ対策のお知らせ=9日午前、兵庫県三木市

花屋敷GCよかわコースに設置された、新型コロナ対策のお知らせ=9日午前、兵庫県三木市【拡大】

 富士フイルム・スタジオアリス女子オープン第1日(9日、兵庫・花屋敷GCよかわC=6309ヤード、パー72)新型コロナウイルスのPCR検査を受けたテレビの中継スタッフの一人が陽性反応を示したと大会事務局が発表した。大会は午前7時30分から第1ラウンドを行う予定だったが、濃厚接触者の判定が出るまでスタート時間を遅らせることになった。陽性反応が判明したスタッフは屋外の作業を担当していた。体調など詳細は発表されていない。