2021.4.4 18:26

高橋彩華、念願かなわず3位「ショットがかみ合わない状況」/国内女子

高橋彩華、念願かなわず3位「ショットがかみ合わない状況」/国内女子

13番ホール バーディートライするも、カップインせずボールの行方を見つめる高橋彩華=静岡県袋井市の葛城ゴルフ倶楽部山名コース(撮影・戸加里真司)

13番ホール バーディートライするも、カップインせずボールの行方を見つめる高橋彩華=静岡県袋井市の葛城ゴルフ倶楽部山名コース(撮影・戸加里真司)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 ヤマハ・レディース葛城最終日(4日・静岡県葛城GC=6564ヤード、パー72)6位から出た21歳の稲見萌寧が前日に続いて6バーディー、ボギーなしの66と伸ばし、通算12アンダーの276で優勝した。71だった高橋彩華が通算10アンダーの3位となった。

 1998年度生まれの「黄金世代」で10人目の優勝を目指した高橋は首位タイから伸ばしきれず3位。先に3バーディーを奪って単独首位に立つ場面もあったが14、16番でショットがぶれて痛いボギーをたたいた。「ずっとショットがかみ合わない状況だった」と悔しさをこらえた。

 2戦連続で3位と、念願の初優勝に届きそうで届かない。「このコースでここまでやれたので自信になる。また優勝争いに絡みたい」と誓った。