2021.3.3 19:23

渋野日向子「安心した」…大会関係者2人コロナも予定通り開幕へ/国内女子

渋野日向子「安心した」…大会関係者2人コロナも予定通り開幕へ/国内女子

特集:
渋野日向子
ダイキンオーキッド 指定練習日 関係者にコロナ陽性者が出たため消毒が行われた=琉球GC(撮影・中島信生)

ダイキンオーキッド 指定練習日 関係者にコロナ陽性者が出たため消毒が行われた=琉球GC(撮影・中島信生)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 女子ゴルフツアーの2021年初戦となる「ダイキンオーキッドレディス」は4日から4日間、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で開催される。3日は練習ラウンドが行われる予定だったが、大会関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、中止となった。大会初出場の渋野日向子(22)=サントリー=もコース外での最終調整を強いられたものの、予定通りの有観客開催を心待ちにした。

 ■会場クローズして消毒作業

 想定外の最終調整を余儀なくされたが、最悪の事態は免れた。渋野が大会サイドを通じて、安どのコメントを出した。

 「朝起きてびっくりしましたが、会場の消毒をしてくださり、無事に開催できるということで安心しました」

 主催者はこの日、これまでPCR検査を受けた大会関係者1170人のうち2人に陽性反応が出たと発表。1人は会場の琉球GCに一度も来ていなかったが、別の1人は2月27日に受検し、翌28日に再検査、3月2日夜に陽性が確認された。

 本来は陰性と判断されるまで会場に立ち入りできないが、この関係者は27日と2日の2日間、会場内で屋外仮設物の施工業務に従事していたことが判明した。本人の行動記録に基づき、大会側は消毒作業を行うことになり、会場のクローズを決定。渋野ら選手には3日午前5時に、日本女子プロゴルフ協会が一斉メールで事情を説明した。

 ■ギャラリー上限1000人

 東京五輪イヤーでもある2021年の初戦を前に、まさかの事態。だが、報告を受けた保健所は関係者に濃厚接触者はいないとの見解を示し、大会は予定通り観客(1日の上限1000人)を迎えて開幕する。

 一昨年の最終戦以来、1年3カ月ぶりに観客が入る20-21年統合シーズン再開戦。渋野は「ギャラリーの前でプレーするのは本当に久しぶりなので、楽しみな半面少し緊張しますが、全力で戦っている姿を見てもらえるとうれしい」と望んだ。

 予選ラウンドは賞金ランキング1位(約9389万円、出場14試合)に立つ19歳の笹生優花と初の同組。同35位(約1652万円、6試合)の渋野は「今の自分ができること、やるべきこと、目の前のことをしっかりとできるように地道に頑張ります」。しぶこスマイルが、コロナ禍の日本を明るくする。(臼杵孝志)

ツアー日程へ