2021.2.22 13:57

渋野日向子、意気込む「挑戦する気持ちを忘れずに」 PING発表会/国内女子

渋野日向子、意気込む「挑戦する気持ちを忘れずに」 PING発表会/国内女子

特集:
渋野日向子
ピンゴルフのイベントに参加した渋野日向子(ピンゴルフジャパン提供)

ピンゴルフのイベントに参加した渋野日向子(ピンゴルフジャパン提供)【拡大】

 女子ゴルフの渋野日向子(22)=サントリー=が22日、用具契約を結ぶピンゴルフのオンライン発表会に参加。「アメリカと日本ツアーのどちらにも参戦するので忙しくなると思うが、挑戦する気持ちを忘れずに走り続けたい」と意気込みを語った。

 新型コロナウイルスの影響で大会中止などが相次いだ昨年。2カ月の英米遠征を含め、序盤は思うような成績を残せなかったが、終盤の「大王製紙エリエールレディス」で5位、「JLPGA選手権リコー杯」で3位に入るなど調子を上げ、12月のメジャー「全米女子オープン」で優勝争いの末、4位に入った。世界ランキングでは一時、東京五輪代表圏外になったこともあったが、「全米-」での活躍もあり、15日付の同ランクでは日本勢2番手の13位をキープしている。

 激動の1年を振り返り、「ギャラリーの大切さに気づいた。自分ひとりでは何もできないと感じた」と渋野。オフは合宿を行い、100ヤード以内の距離を合わせる練習を繰り返しているという。初戦は来月4日からの21年開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」(沖縄・琉球GC)。「合宿で知ったことを出せるように」と気合を入れ、五輪イヤーに挑む。