2021.2.10 07:30(1/2ページ)

【レッスンガイド】中島敏雅の「左腕の使い方をマスター」編

【レッスンガイド】

中島敏雅の「左腕の使い方をマスター」編

特集:
ゴルフレッスン
フィニッシュでは左ひじをたたんで内側に

フィニッシュでは左ひじをたたんで内側に【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 女子ゴルフの西村優菜(20)や吉本ひかる(21)らを指導する中島敏雅コーチ(48)=ゴルフアカデミー中島代表=によるレッスン連載「効率よく飛ばそう」。大阪サンケイスポーツ運動部の白石大地デスク(42)が、5時間のレッスンで約30ヤードの飛距離アップに成功した方法を紹介します。第2回は、左腕の使い方をマスター。左腕を意識すれば、スイングアークが大きくなります。(取材構成・白石大地、撮影・榎本雅弘)

 白石さんは右腕を使いすぎていますね。右利きのアマチュアの方に多いパターンでもあります。もっと左腕を使う練習をしていきましょう。左腕を大きく使うことでヘッドスピードが速くなります。さらにインパクトゾーンが長くなって、正確性が高くなります。

 白石さんはトップの位置が低く、テークバックがかなり小さいです。右脇を締めすぎていて、左腕にブレーキがかかってしまっているので、高く上げることができません。まずは左腕を上げることから始めましょう。左腕だけでトップにもっていき、そこに右手を添えればトップの形ができます。

 コックの使い方も覚えてください。白石さんは右腕が強すぎて、まったくコックができていません。ここでもポイントは左腕です。左手首を親指側に折りながらクラブを上げると、シャフトが次第に地面と平行に近づいていきます。コックを使うことでトップでタメができて、シャフトのしなりが生かせるようになります。それが飛距離につながるわけです。

 フィニッシュの形も直さないといけませんね。左肘が下がって左腕が使えていない状態なので、体が回りきっていません。フィニッシュではしっかり肩の高さまで左肘を上げて、左腕を90度に曲げて体を回してください。あとは左肘が外側にいかず、内側にたたむようにすれば、いいフィニッシュの形ができあがります。スイングアークが大きくなりそうですね。

 テークバックとフィニッシュの練習は、ドライバーを持たなくてもできます。うちのアカデミーではホームセンターで売っている短い木の棒を使うこともあります。家の中でも靴べらなどを使って練習できるので、ぜひみなさんもチェックしてみてください。

【続きを読む】