2021.1.6 07:30(1/2ページ)

【レッスンガイド】大森義彦、体幹鍛えて美フィニッシュ

【レッスンガイド】

大森義彦、体幹鍛えて美フィニッシュ

特集:
ゴルフレッスン
正しいフィニッシュ

正しいフィニッシュ【拡大】

その他の写真(1/7枚)

 東京・丸の内のインドアゴルフ施設「ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO」で昨年10月に開催されたオンラインイベント「おうちでできるスキルアップ!」で、「ゴルフにおける動作評価」が好評だった大森義彦プロ(47)のレッスン。今回は美しいフィニッシュを作るために必要な動作について解説します。バランス良く振り切るためには、“おなか回りの強さ”がポイントです。(取材構成・出島正登、撮影・土谷創造)

 フィニッシュの立ち姿が美しい人はゴルフがうまく見えるものです。実際、フィニッシュでピタッと止まれるということはスイングのバランスがいいということを意味し、ナイスショットの確率が高まります。

 今回紹介する動作評価は、主に体幹の強さに関するものです。体幹はいいスイングをするための大切な部分で、美しいフィニッシュにもつながります。飛距離だけでなく、ミート率をアップさせる意味でも非常に重要な部分だといえます。

 まず、幅15~20センチほどの板状のものを床に置いて、それを両膝で挟むようにして四つん這いになります。この状態から右肘と左膝をくっつけます。ポイントは、バランスを崩さずにつけられるかどうか。その後、右腕と左脚を伸ばしてください。このときもバランスが取れているかどうかがポイントになります。これを左右逆でも同じことを行います。

【続きを読む】