2020.12.21 19:26

畑岡奈紗、獲得賞金8830万円の5位 最終戦38位で米4年目は優勝なし/米女子

畑岡奈紗、獲得賞金8830万円の5位 最終戦38位で米4年目は優勝なし/米女子

特集:
畑岡奈紗
米女子ゴルフの今季最終戦を終え、笑顔で取材に応じる畑岡奈紗=ティブロンGC(共同)

米女子ゴルフの今季最終戦を終え、笑顔で取材に応じる畑岡奈紗=ティブロンGC(共同)【拡大】

 CMEツアー選手権最終日(20日、米フロリダ州ネープルズ、ティブロンGC=6556ヤード、パー72)今季最終戦。畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=は3バーディー、ボギーなしの69で回り、通算1アンダーで38位だった。世界ランキング1位の高真栄(25)=韓国=が通算18アンダーで通算7勝目を挙げ、今季出場4戦にとどまったが約167万ドル(約1億7250万円)で2年連続賞金女王となった。畑岡は今季優勝はなかったが、賞金ランキング5位に入った。

■「もっと試合数があれば勝つチャンスあった」■

 最終戦で手応えをつかんだ。畑岡はフェアウエーを一度も外さない安定したプレーで、一年を締めくくった。

 「やっといい感覚が戻った。ノーボギーは良かった」

 米ツアー4年目で、1月の開幕戦から2戦連続2位と好スタート。しかし2月以降、コロナ禍で半年近く中断した。再開後も10月のメジャー「全米女子プロ選手権」の3位など奮闘したが、最終盤はショットに苦戦し優勝はできず。「もっと試合数があれば勝つチャンスがあったと思う」と本音を漏らした。獲得賞金は85万4024ドル(約8830万円)でランキング5位となった。

 中断中のトレーニングで「飛距離がアップした」と収穫もあった。「2021年はたくさん試合に出て、勝ちたい」。早くも約1カ月後に開幕する来シーズンをにらんだ。

リーダーボードへツアー日程へ