2020.11.26 16:08

2連勝を狙う原英莉花67で首位、渋野日向子は1打差2位/国内女子

2連勝を狙う原英莉花67で首位、渋野日向子は1打差2位/国内女子

特集:
渋野日向子
  • 初日16H単独首位で終了した原英莉花=宮崎CC(撮影・中島信生)
  • 初日18H単独首位で終了した原英莉花=宮崎CC(撮影・中島信生)
  • 初日14H単独首位で終了した原英莉花。イーグルトライのアプローチがピンをかすめる=宮崎CC(撮影・中島信生)
  • 初日9H単独首位で終了した原英莉花=宮崎CC(撮影・中島信生)
  • 初日2H単独2位で終了した渋野日向子=宮崎CC(撮影・中島信生)
  • 初日18H単独2位で終了した渋野日向子=宮崎CC(撮影・中島信生)
  • 初日18H単独2位で終了した渋野日向子=宮崎CC(撮影・中島信生)

 ツアー選手権リコー杯第1日(26日、宮崎CC=6543ヤード、パー72)日本女子オープン選手権覇者で国内四大大会2連勝を狙う原英莉花が1イーグル、5バーディー、2ボギーの67で首位に立った。渋野日向子が1打差2位につけた。

 69の3位に昨年大会覇者ペ・ソンウ、李知姫(ともに韓国)、鈴木愛、小祝さくら、上田桃子、三ケ島かな、蛭田みな美が並んだ。笹生優花、河本結らが70で10位、3週連続優勝を狙う古江彩佳は71で15位発進。

 ツアーの年内最終戦だが、シーズンは来年と統合することが決まっている。(賞金総額1億2000万円、優勝3000万円、出場37選手、晴れ、気温19・6度、北北西の風0・6メートル、無観客)