2020.11.25 07:30

【ツアーこぼれ話】165センチ小柄な香妻陣一朗「いつかマスターズ」出陣

【ツアーこぼれ話】

165センチ小柄な香妻陣一朗「いつかマスターズ」出陣

特集:
マスターズ
香妻陣一朗

香妻陣一朗【拡大】

 15日に閉幕した「三井住友VISA太平洋マスターズ」で、プロ9年目の香妻陣一朗(26)=フリー=がツアー初優勝を果たした。多くの仲間に囲まれてペットボトル15本分のウオーターシャワーで祝福され、「気持ちよかった」と満面の笑みを浮かべた。

 祝福した仲間の中には、ツアー1勝の出水田大二郎(27)=TOSS=の姿もあった。2人は鹿児島出身で、子供の頃から横峯さくらの父、良郎さんが地元で主宰するゴルフスクール「めだかクラブ」に通った。出水田は2学年下の香妻について「いつまでも小さい、かわいいジン。ひげも生えて大人になった」。33位だった出水田は最終日のハーフターン時にリーダーボードで上位に香妻の名前があるのを見て、「そこからジンのことで頭がいっぱいだった」と明かしたほど。香妻は“愛されキャラ”のようだ。

 身長183センチの親友とは対照的に香妻は165センチと小柄だが、新型コロナの影響で大会がない期間もトレーニングに精を出した。プロテインを飲みながら週に2回ほどジムに通い、体重は71キロから73キロに増えた。

 最終日は片山晋呉(47)=イーグルポイントGC、金谷拓実(22)=東北福祉大4年=と同組となり、同じ週に開催されたメジャー「マスターズ」の出場経験がある2人から話を聞いたという。「いつか出場したい」と香妻。“小さなジン”が大きな存在となって、海外へとはばたくのを期待したい。(川並温美)