2020.11.21 09:40

畑岡「自分らしいゴルフができていない」距離感合わず/米女子

畑岡「自分らしいゴルフができていない」距離感合わず/米女子

特集:
畑岡奈紗
第2ラウンド、8番でショットを放つ畑岡奈紗。通算2オーバーで37位=ペリカンGC(共同)

第2ラウンド、8番でショットを放つ畑岡奈紗。通算2オーバーで37位=ペリカンGC(共同)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 米女子ゴルフのペリカン女子選手権は20日、フロリダ州ベレアのペリカンGC(パー70)で第2ラウンドが行われ、35位から出た畑岡奈紗は1バーディー、2ボギーの71と伸ばせず、通算2オーバー、142で首位と10打差の37位に後退した。

 畑岡は第1ラウンド同様に風で距離感が合わなかった。パーで耐える場面が続き「自分らしいゴルフがなかなかできていない」と、表情を曇らせた。

 前半は「パットのスピードもラインも合っていない感じだった」とチャンスを生かせず、後半にパー3の3番で初めてバーディーを奪ったが、後が続かなかった。「思ったより自分の距離が飛んでなかったりするので、そこをうまく合わせていけたら」とショットの精度を修正点に挙げた。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ