2020.11.20 10:00

畑岡奈紗、風に悩まされる「縦の距離が合わない」/米女子

畑岡奈紗、風に悩まされる「縦の距離が合わない」/米女子

特集:
畑岡奈紗
第1ラウンド、ショットを放つ畑岡奈紗 1オーバーで35位=ペリカンGC(共同)

第1ラウンド、ショットを放つ畑岡奈紗 1オーバーで35位=ペリカンGC(共同)【拡大】

 米女子ゴルフのペリカン女子選手権は19日、フロリダ州ベレアのペリカンGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、畑岡奈紗は2バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの71でトップと7打差の35位となった。上原彩子は73で63位。

 海に近いコースで畑岡は変化する風に悩まされた。「なかなか第2打以降で縦の距離が合わなくて、チャンスというチャンスが意外と少なかった」と振り返った。

 1アンダーで迎えた6番でグリーンを外してボギー。パー5の14番で伸ばしたが、続く15番はロングパットがグリーンからこぼれ落ちてしまいダブルボギーをたたいた。パット数は33を数えたが「パットの感覚はすごくいい」と悲観する様子はなく「自分らしいプレーをできたらいい」と巻き返しを期した。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ