2020.11.18 07:30(1/2ページ)

【レッスンガイド】平石武則の「パッティング編」

【レッスンガイド】

平石武則の「パッティング編」

特集:
ゴルフレッスン
フェースにボールを付けて押し出す練習

フェースにボールを付けて押し出す練習【拡大】

その他の写真(1/7枚)

 2015年の「日本シニアオープン」覇者、平石武則プロ(60)によるレッスン連載「上がってナンボ」。ベストスコア85の大阪サンケイスポーツ運動部・白石大地デスク(41)を徹底的に鍛える最終回は、パッティング編です。上りのパットでショートしないために、インパクトを強くする方法を伝授します。(取材構成・白石大地、撮影・榎本雅弘、取材協力・北六甲カントリー倶楽部)

 白石さんのパッティングは、インパクトの音が全くしないですね。ボールをなでてしまっていて、しっかり打てていません。これでは上りの傾斜に負けてショートしてしまうし、ラインにも乗りにくい。インパクトで「パチン」と音が鳴るように練習しましょう。

 まずはバックスイングせず、フェースにボールをつけたまま目標に向けて押し出します。最初は難しいかもしれませんが、何球か転がしてみてください。次に、普通に打ってみましょう。前に出す感覚が残っているので強く打てるはずです。

 他にも、インパクトの15センチほど先でパターのヘッドを止める練習も効果的です。これらを繰り返すことで、インパクトでの緩みがなくなっていきます。パッティングの練習は地味ですが、とにかく反復して取り組むことが大事です。

 皆さんは、ラウンド前にどんな練習をしていますか? 早めにコースに到着してパッティンググリーンで熱心に打っているアマチュアの方を見ますが、ただ打っているだけではありませんか? 打つ場所(目標)をしっかり決めて練習してもらいたいです。

 まずは、2メートルくらいの真っすぐのラインでストロークを確かめてください。その際、コインやマーカーなどを置いて常に同じ場所から打ちましょう。場所がずれるとラインも微妙に変わって、同じところに打ち出す練習になりません。

 次に距離感を把握します。1歩が1ヤードとして、歩測して3ヤード、6ヤード、9ヤードの3カ所それぞれにボールを置きます。2ヤードずつでも構いません。近い方から順番に打って、この日のグリーンのスピードを確認してください。上りと下り、それぞれ練習してスタートすれば距離感に戸惑うリスクを減らすことができます。

【続きを読む】