2020.10.28 07:30(1/2ページ)

【レッスンガイド】平石武則の「ショット編」

【レッスンガイド】

平石武則の「ショット編」

特集:
ゴルフレッスン
腰が左に流れていない。クラブが後からついてくるスイング

腰が左に流れていない。クラブが後からついてくるスイング【拡大】

 2015年「日本シニアオープン」覇者、平石武則プロ(60)によるレッスン連載「上がってナンボ」がスタート。3回にわたって、大阪サンケイスポーツ運動部の白石大地デスク(41)を徹底的に鍛えます! 第1回のショット編ではアドレスと左腰の動きを修正。“悪癖”を直す、ちょっとした練習法も教えます。 (取材協力・北六甲カントリー倶楽部)

 私は「ゴルフは上がってナンボや」と考えています。パー4では2オン2パットでもパー、3オン1パットでもパー。私のドライバーの平均飛距離は260~270ヤードとプロとしては飛ばない方ですが、飛ばなくても正確さを磨けば同じ打数で“上がれる”のです。

 さっそくレッスンに入ります。まず、ベストスコア85という白石さんのアドレスを見ると、極端なハンドファーストの構えになっていますね。これだとバックスイングが上がりにくくなるし、左肩が落ちやすくスイングの軸が作れません。

 グリップエンドが左足の付け根を指すアドレスが理想です。クラブによってボールの位置は変わりますが、ドライバーからウエッジまで全て左足の付け根を指すように構えてください。どうですか? 見た目もきれいになったでしょう。

 次にピッチングウエッジで打ってもらいましたが、すごく気になる点がありました。ダウンスイングでの左腰の動きです。左にスエーしているのでボールにパワーが伝わりませんし、スエーする人はコックが早くほどけてダフるタイプが多いです。

 さらに、白石さんは左腰が伸び上がっています。平らなところではなんとか打てますが、コースに出ればティーショット以外は傾斜があります。左腰が伸び上がるとミート率が悪くなってしまいます。

【続きを読む】

  • 左にスエーして腰が伸び上がっている
  • ハンドファーストの構え。グリップエンドが体の外を指している
  • ドライバーからウエッジまでこの構えでOK
  • 平石武則プロ