2020.10.17 05:00

永井花奈2位、2勝目に「欲がないわけではないけど…」/国内女子

永井花奈2位、2勝目に「欲がないわけではないけど…」/国内女子

カメラに向かってポーズする永井花奈=千葉市緑区の東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)

カメラに向かってポーズする永井花奈=千葉市緑区の東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(撮影・戸加里真司)【拡大】

 富士通レディース第1日(16日、千葉・東急セブンハンドレッドC西C=6659ヤード、パー72)1998年度生まれの黄金世代でツアー未勝利の山路晶(22)=森六グループ=が3アンダー69で回り、首位に1打差の2位と好発進した。賞金100万円が懸かった17番(パー3)ではホールインワンを達成。ツアー参戦2年目のペ・ソンウ(26)=韓国=が首位。2週連続優勝を目指す稲見萌寧(21)=都築電気=らも2位につけている。

 ツアー2勝目を狙う永井花奈(デンソー)が5バーディー、2ボギーで2位発進した。最終18番(パー4)で残り49ヤードの3打目をピンそばにぴたりと寄せてパーセーブ。「今週はリズムを意識して、落ち着いてプレーするようにしている」と胸を張った。今季は前週まで、6試合連続でツアー1勝の選手が優勝している。「欲がないわけではないけど…」。今週の主役は、控えめなプロ5年目で決まり?

リーダーボードへツアー日程へ