2020.10.17 05:00(1/2ページ)

また来た黄金世代!山路晶1打差2位発進 17番ではエースも/国内女子

また来た黄金世代!山路晶1打差2位発進 17番ではエースも/国内女子

1番でティーショットを放つ山路。黄金世代にまたヒロインが現れた(撮影・戸加里真司)

1番でティーショットを放つ山路。黄金世代にまたヒロインが現れた(撮影・戸加里真司)【拡大】

 富士通レディース第1日(16日、千葉・東急セブンハンドレッドC西C=6659ヤード、パー72)1998年度生まれの黄金世代でツアー未勝利の山路晶(22)=森六グループ=が3アンダー69で回り、首位に1打差の2位と好発進した。賞金100万円が懸かった17番(パー3)ではホールインワンを達成。ツアー参戦2年目のペ・ソンウ(26)=韓国=が首位。2週連続優勝を目指す稲見萌寧(21)=都築電気=らも2位につけている。

 ひと振りで100万円をゲットした。達成者全員に贈られる170ヤードの17番(パー3)のホールインワン賞。山路のくりっとした目がさらに大きくなった。

 「ピンにいっていたし、手応えはありました。でも、ティーを拾っていて、入った瞬間は見ていないんです。ホールインワンなんて全然意識していなかった。すごくうれしいです」

 今週から用具契約を結ぶテーラーメイドの新アイアン「P・7MC」を投入した。7番アイアンで放った一打はカップの50センチ手前に落ち、そのままカップイン。「顔(クラブのヘッド)がいいから」とひらめきで決めた新相棒での人生3度目、試合では初めてのエースに22歳は万歳だ。

 プロデビューした昨年は賞金ランキング73位。3度目のプロテストには2位で合格した。飛躍を期した今季だったが、QTランクは107位。今大会がようやく3試合目で、過去2戦はいずれも予選落ち。初賞金となる臨時ボーナスに「使い道ですか…。特にないです」とはにかんだ。

【続きを読む】

  • 17番でホールインワンを達成した山路晶は記念撮影に収まった