2020.10.17 20:37

稲森、2位浮上に「自信になる」/国内男子

稲森、2位浮上に「自信になる」/国内男子

ティーショットを放つ稲森佑貴。通算4アンダーで2位=紫CCすみれ(代表撮影)

ティーショットを放つ稲森佑貴。通算4アンダーで2位=紫CCすみれ(代表撮影)【拡大】

 日本オープン選手権第3日(17日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)2018年大会覇者の稲森がこの日最少の68をマークして1打差2位に浮上した。パー4の13番で第2打をピンに絡めて2アンダーに戻すと、15、18番で伸ばし「(68が)出ると思ってもなかった。自信になる」とうれしそうに語った。

 フェアウエーキープ率は昨年まで5年連続で日本ツアー1位。三大大会の難しいコース設定で持ち味を発揮している。2年前以来の通算2勝目を視界に捉え「フェアウエーに第1打を置いて今日みたいにできれば」と思い描いた。

リーダーボードへツアー日程へ