2020.10.17 19:52

河本力、後半に失速「苦しかった」/国内男子

河本力、後半に失速「苦しかった」/国内男子

ティーショットを放つアマチュアの河本力。通算4アンダーで2位=紫CCすみれ

ティーショットを放つアマチュアの河本力。通算4アンダーで2位=紫CCすみれ【拡大】

 日本オープン選手権第3日(17日・千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)アマチュアの河本力(日体大)は首位から71と落とし、8位からこの日最少の68をマークした稲森佑貴と並ぶ1打差の2位となった。

 第1回大会以来のアマチュア優勝を目指す20歳の河本は後半に失速した。13番では第1打を左の木に当てるなどしてダブルボギー。16番も落とし、18番は短いバーディーパットを外した。寒さと雨の中で「ティーショットが悪くてゴルフが苦しかった」と悔しそうに語った。

 日本一を決める舞台の最終組で回った。注目の存在となっているが「緊張しているからこそいいプレーできる」ときっぱり。言葉通り、前半はボギーなしの2バーディーと硬さは見られなかった。逆転を期す最終日は「3アンダーが目標。クリアして優勝できなかったら仕方ない」と引きずる様子もなく語った。

リーダーボードへツアー日程へ