2020.10.17 05:01

桂川有人、ベタピン魅せた!1学年上の意地だ/国内男子

桂川有人、ベタピン魅せた!1学年上の意地だ/国内男子

6番グリーンでラインを読む桂川有人=紫CCすみれ(代表撮影)

6番グリーンでラインを読む桂川有人=紫CCすみれ(代表撮影)【拡大】

 日本オープン選手権第2日(16日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)今季ツアー国内第2戦。アマチュア勢が2位までに3人と躍進した。首位と4打差の17位から出た杉原大河(20)=東北福祉大3年=は5バーディー、1ボギーの66をマーク。通算4アンダーで、桂川有人(22)=日大4年=らと並び1打差2位につけた。河本力(20)=日体大3年=は2位から5バーディー、3ボギーの68で回り、通算5アンダーで単独首位に立った。

 桂川は4バーディー、3ボギーの69で回り2位をキープ。17番(パー4)では残り143ヤードのフェアウエーからピンまで50センチにぴたりとつけた。「日本一を決める大会で上位争いをできるのはうれしい」。首位の河本、2位の杉原より1学年上。先輩として負けたくない気持ちはあるかと問われ、「それもあります」と静かに闘志を燃やした。

リーダーボードへツアー日程へ