2020.10.16 19:22

41歳谷原秀人がベストスコア「素晴らしいコースで楽しい」/国内男子

41歳谷原秀人がベストスコア「素晴らしいコースで楽しい」/国内男子

1番でパットを放つ谷原秀人。通算4アンダーで2位=紫CCすみれ

1番でパットを放つ谷原秀人。通算4アンダーで2位=紫CCすみれ【拡大】

 日本オープン選手権第2日(16日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)アマチュアの河本力(日体大)が2位から5バーディー、3ボギーの68で回り、通算5アンダーの135で首位に立った。杉原大河(東北福祉大)、桂川有人(日大)のアマ2選手と、首位から70で回った今平周吾、64と伸ばした谷原秀人が1打差2位に並んだ。

 41歳の谷原がこの日最少の64で48位から2位に急浮上。前半のインでボギーなしの5バーディーを奪い、風が出た後半も一つ伸ばした。「誰しもが勝ちたい大会。素晴らしいコースで楽しい」と余裕たっぷりに話した。

 昨年まで欧州ツアーを中心に戦ってきたが、4年ぶりに日本に軸足を置く。「もっとうまくなりたい」と左に曲がるドロー一辺倒の攻めを改め、逆のフェードも織り交ぜて大会初制覇、4年ぶりのツアー通算15勝目を目指す。

リーダーボードへツアー日程へ