2020.10.12 15:24

渋野日向子、最終日に「悔いなく戦えた。良い終わり方」/全米女子

渋野日向子、最終日に「悔いなく戦えた。良い終わり方」/全米女子

特集:
渋野日向子
最終ラウンド、通算11オーバーでホールアウトした渋野日向子。58位に終わった=アロニミンクGC(共同)

最終ラウンド、通算11オーバーでホールアウトした渋野日向子。58位に終わった=アロニミンクGC(共同)【拡大】

 全米女子プロ選手権最終日(11日、アロニミンクGC=6577ヤード、パー70)最終ホールをパーにまとめ、キャディーと拳を合わせた。3バーディー、3ボギーの70。「悔いなく戦えた。良い終わり方だった」と渋野が白い歯をのぞかせた。

 第3日に乱れたショットは復調し、4番で1メートル強につけてバーディー先行。8番はチップショットを決め、パー5の9番も伸ばした。後半は「チャンスを決めきれなかった」と2ボギーで後退したが「ショットの自信が戻った。本当に良かった」と胸をなで下ろした。

 8月からの英米遠征を終えた。「米国の4試合は全部予選通過できた」と評価し「見つけた課題をしっかり練習して日本で上位争いしたい」と晴れやかに語った。30日からの樋口久子・三菱電機レディース(埼玉)に出場する。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ

  • 最終ラウンド、9番でティーショットを放つ渋野日向子。通算11オーバーで58位=アロニミンクGC(共同)