2020.9.11 05:04(1/3ページ)

“女ウッズ”笹生、日本一へ2打差5位発進!大会初10代Vいける/国内女子

“女ウッズ”笹生、日本一へ2打差5位発進!大会初10代Vいける/国内女子

特集:
タイガー・ウッズ
19歳の笹生がトップと2打差の好位置につけた (代表撮影)

19歳の笹生がトップと2打差の好位置につけた (代表撮影)【拡大】

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第1日(10日、岡山・JFE瀬戸内海GC=6640ヤード、パー72)今季開幕戦でのデビューから4戦2勝の注目ルーキー、笹生(さそう)優花(19)=ICTSI=が5バーディー、1ボギーの4アンダー68で回り、首位と2打差の5位で初日を終えた。昨年11月のプロテストに合格した国内有数のリンクスコースでメジャー初制覇を果たせば、大会初の10代チャンピオンとなり、年間獲得賞金は9500万円を突破。史上最速の1億円到達が見えてくる。

 思い出のコースに主役の一人として笹生が帰ってきた。昨年11月の最終プロテストに18位タイで合格。合格ラインちょうどで辛うじてプロになった当時18歳の女子高生が、女子プロ日本一を決める大舞台できっちりと好スタートを切った。

 「まあまあよかったと思います。このコースは考えすぎるといけない。フェアウエーをキープすることだけ考えた」

 風が強くなった午後組のスタート。「いつも通りに緊張した。それがいつもの自分なんで」と笑った序盤はバーディーチャンスを外し、思いとは裏腹に豪打が自慢のドライバーショットも乱れた。「ラフに入れても仕方ない。入ったら入ったで次のショットのことを考えた。風の影響もあったと思います」。慌てず、騒がず。パーを重ねてチャンスを待った。

【続きを読む】

  • 女子ゴルフ・獲得賞金年間1億円スピード突破