2020.8.28 09:52

松山英樹、3アンダーで首位発進 ウッズは35位/米男子

松山英樹、3アンダーで首位発進 ウッズは35位/米男子

特集:
松山英樹
タイガー・ウッズ
第1ラウンド、9番でティーショットを放つ松山英樹 3アンダーで首位=オリンピアフィールズCC(共同)

第1ラウンド、9番でティーショットを放つ松山英樹 3アンダーで首位=オリンピアフィールズCC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、BMW選手権は27日、イリノイ州オリンピアフィールズのオリンピアフィールズCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は6バーディー、3ボギーの67で首位発進した。

 1打差の2位にタイラー・ダンカン(米国)、さらに1打差の3位にマッケンジー・ヒューズ(カナダ)がつけた。タイガー・ウッズ(米国)は73で35位。

 今大会の出場資格は年間ポイント70位までで、予選落ちなしで争う。松山は現在ポイント18位。大会終了時の上位30人が最終戦のツアー選手権(9月4日開幕)に進む。(共同)

松山英樹の話 「グリーンがすごく硬く、アジャストするのが難しかったがいいプレーができた。後半のパットはほぼミスなくできた。気持ちが切れたらいくつ打つかわからないコース。粘り強くできたらいいなと思う」

リーダーボードへツアー日程へ

  • 第1ラウンド、9番でバーディーパットを決め、笑顔を見せる松山英樹3アンダーで首位=オリンピアフィールズCC(共同)