2020.8.5 07:30(1/2ページ)

【かめはめレッスン】亀代順哉のパッティング、グリップを平行に動かそう

【かめはめレッスン】

亀代順哉のパッティング、グリップを平行に動かそう

特集:
ゴルフレッスン
ややヘッドを浮かせるとグリップが緩まない

ややヘッドを浮かせるとグリップが緩まない【拡大】

 昨年の「AIG全英女子オープン」を制した渋野日向子(21)と同じ青木翔コーチ(37)に師事している“しぶこの兄弟子”、亀代順哉プロ(25)による「かめはめレッスン」の最終回は、パッティング編です。ヘッドの動きではなく、グリップの動きを意識することでパッティングを安定させる方法を伝授します。 (取材構成・白石大地、協力・ゴールデンバレーゴルフ倶楽部)

 パッティングでは、グリップを平行移動させることが大事です。アマチュアの方は、パターのヘッドの動きだけを気にしている場合が多いようです。ヘッドを真っすぐ動かせばボールも真っすぐ転がるだろう、という固定観念があるのだろうと思います。しかしヘッドを動かそうとすると手だけで打つことにつながり、ストロークが安定しません。

 最初に構えたときにフェース面が打ちたい方向に向いていることを確認した後は、グリップの動きに集中してください。グリップを真横にスライドするだけで、真っすぐ転がってくれます。グリップを意識することで肩の動きとの一体感が出て、ショートパットが安定し、グリップを動かした幅でロングパットの距離感もつかめるようになります。あとは、アドレスでの肩と腕のラインを結んだ五角形が崩れないようにすればいいです。

【続きを読む】

  • グリップを平行に動かす
  • グリップを平行に動かす
  • ヘッドを動かそうとしたら駄目
  • ヘッドを動かそうとしたら駄目