2020.7.22 07:30(1/2ページ)

【かめはめレッスン】亀代順哉のアプローチ、10球ずつでもいい片手打ちしよう

【かめはめレッスン】

亀代順哉のアプローチ、10球ずつでもいい片手打ちしよう

特集:
ゴルフレッスン
右手首の角度を変えないことが大事

右手首の角度を変えないことが大事【拡大】

 ドライバー平均飛距離310ヤードを誇る亀代順哉プロ(25)による「かめはめレッスン」の第3回はアプローチ編です。昨年の「AIG全英女子オープン」を制した渋野日向子(21)と同じ青木翔コーチ(37)に師事している“しぶこの兄弟子”は今回、片手打ちの練習方法を紹介します。(取材構成・白石大地、協力・ゴールデンバレーゴルフ倶楽部)

 僕が青木コーチからレッスンを受けるとき、練習場に行ってから一番初めにやることが、片手打ちでのアプローチです。片手打ちでしっかりとした形ができているか、チェックを受けることから始まります。それくらい大事な練習です。

 右手のアプローチでは、アドレスで作った手首の角度を崩さないように練習します。角度を変えずに振ると、ボールへのクラブヘッドの入射角が安定します。一定になることで飛距離が安定して曲がり幅も少なくなります。一方、スイング中に角度が変わってしまうとダフったり、トップしたり、ミスの原因になります。アプローチが苦手なアマチュアの方は、手首を使って打つ傾向があるように思うので、この練習は効果的です。

 左手のアプローチでも、右手と同じように手首の角度を変えずに打ちます。クラブのシャフトと左腕が一直線になるように意識します。左手のアプローチを行うことで、方向性を磨くことができるし、ボールをフェースに乗せる感覚が身につきます。

【続きを読む】

  • 右手首の角度を変えずにインパクト
  • 左手は腕とシャフトが一直線
  • 左手は腕とシャフトが一直線