2020.7.21 11:53

渋野は12位で変わらず 女子ゴルフ世界ランキングが4カ月ぶりに再開

渋野は12位で変わらず 女子ゴルフ世界ランキングが4カ月ぶりに再開

渋野日向子

渋野日向子【拡大】

 世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴う主要ツアーの中止で3月中旬から凍結されていた女子ゴルフの世界ランキングが20日、4カ月ぶりに更新された。

 日本勢は4位から5位となった畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=が最上位で、渋野日向子(21)=サントリー=は12位で変わらず、鈴木愛(26)=セールスフォース=は14位から15位となった。

 1位の高真栄(コ・ジンヨン、25)=韓国=ら上位3人に変動なく、国内ツアー今季初戦となった6月の「アース・モンダミンカップ」で5年ぶりの優勝を果たした渡辺彩香(26)=大東建託=は凍結前の453位から211位と大きく順位を上げた。

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)によると再開された同ランキングは凍結前の方式が見直され、公平性を保つために選手の出場実績(成績)によってポイントを算出。従来通り直近104週がランキングの対象となるが、出場しない週も104週に含まれていたこれまでと違い、大会に出場しない週の場合、その選手のポイント、試合数に変動はない。

 同ランキングは韓国ツアーが世界に先駆けて再開した後の5月18日付にさかのぼって凍結が解除されている。同ランキング理事会によると、今回の修正は一時的な措置で、世界の主要ツアーが安定的に再開した適当な時期に従来の方式に戻すとしている。