2020.6.26 19:40

渋野日向子、予選落ちに落胆 初日の2罰打響くも「今日の方が悔しい」

渋野日向子、予選落ちに落胆 初日の2罰打響くも「今日の方が悔しい」

特集:
渋野日向子
肩を落とす渋野日向子=千葉・カメリアヒルズCC(Getty Images/JLPGA提供)

肩を落とす渋野日向子=千葉・カメリアヒルズCC(Getty Images/JLPGA提供)【拡大】

 アース・モンダミンカップ第2日(26日、千葉・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)ツアーの顔となった渋野が1打足りずに予選落ちした。重点的に磨いてきたはずの寄せが安定せず74。59位から通過圏外の71位に後退し「オフでやってきたことが全て意味のないこと、と思うぐらいの内容」と落胆を隠さなかった。

 5ホール目の14番でショットを木に当てるなどしてダブルボギー。その後は強風の中で二つ戻したが6、8番と終盤のピンチに寄せ切れない。ボギーを重ね「練習をたくさんしても、試合でできなきゃ意味ない」。動かしたマークを戻し忘れた第1日の2罰打も響いたが「今日の方が悔しい」と話した。

 新型コロナウイルスの影響で4カ月近く遅れた開幕戦は無観客。21歳の人気者は「歓声ってエネルギーになるんだなと改めて思った」と実感を込めて語った。ツアーの次戦は早くても8月半ばとなる。

リーダーボードへツアー日程へ

  • 渋野日向子=千葉・カメリアヒルズCC(GettyImages/JLPGA提供)