2020.6.7 05:01

米男子ゴルフ再開初戦 松山、ウッズは出場せず

米男子ゴルフ再開初戦 松山、ウッズは出場せず

特集:
松山英樹
タイガー・ウッズ
松山英樹

松山英樹【拡大】

 米男子ゴルフツアーで、新型コロナウイルスの影響による中断からの再開初戦となる11日開幕のチャールズシュワブ・チャレンジ(テキサス州・コロニアルCC)の出場選手が5日(日本時間6日)、発表された。松山英樹(28)=LEXUS、小平智(30)=Admiral=やタイガー・ウッズ(44)=米国=はエントリーしなかった。

 ツアーは松山が第1ラウンドで首位発進した3月12日の「プレーヤーズ選手権」以降、コロナ禍で約3カ月中断している。

 世界ランキング1位のロリー・マキロイ(31)=英国、同2位のジョン・ラーム(25)=スペイン=らは出場する。同6位のアダム・スコット(39)=オーストラリア=は安全対策が十分ではないとして、当面欠場する考えを表明している。

 一時帰国していた松山は宮崎県内で合宿を行った。先月28日の渡米時に「国内外のファンの皆さまにいいニュースが届けられるよう頑張りたい。不安もありますが、試合に向けた準備を整えたいと思います」とコメントしていた。

★米男子ゴルフの今後

 「チャールズシュワブ・チャレンジ」と同日に開催される「RBCカナディアンオープン」(カナダ)は中止が発表されており、松山のツアー再出場は最短で18日開幕の「RBCヘリテージ」(サウスカロライナ州)になる。畑岡奈紗、横峯さくららが参加する女子ツアーの再開は、最短で7月23日開幕の「マラソンクラシック」(オハイオ州)からの見込み。

★テキサス州の現状

 新型コロナウイルスの感染者は4日までに6万人を超え、1700人以上が死亡している。また、黒人男性が警官に首を圧迫され死亡した事件への抗議デモの影響で夜間の外出禁止令が発令されていたが、4日に解除。5月29日には、テキサス州のヒューストンで交通妨害などの疑いで約200人が拘束されている。