2020.5.18 19:38

菊池純と増田伸洋が柏市にフェースシールド2000枚寄付/国内男子

菊池純と増田伸洋が柏市にフェースシールド2000枚寄付/国内男子

千葉・柏市医師会にフェースシールド2000枚を寄付した男子ゴルフの菊池純(写真右)と増田伸洋(写真右から2人目)

千葉・柏市医師会にフェースシールド2000枚を寄付した男子ゴルフの菊池純(写真右)と増田伸洋(写真右から2人目)【拡大】

 男子ゴルフで、ともにツアー通算1勝の菊池純(46)=JGM笠間GC=と増田伸洋(47)=フリー=が18日、新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者支援のために顔全体を保護する医療用のフェースシールド2000枚を千葉・柏市の医師会に寄付したと発表した。

 菊池は「医療従事者の方に少しでも役に立ちたいとの思いが募った」。現在、社長を務めるゴルフショップ「EUROZ(ユーローズ)GOLF」(東京・港区)で、ゴルフウエアの生地を利用した洗っても使える布マスクを開発。オンラインサイト(euroz.official.ec)で販売を開始し、医療従事者支援プロジェクトを立ち上げた。

 プロジェクトの話を昔から頼れる先輩の増田に相談をしたところ「やろうよ!」と二つ返事。増田が地元柏市の医師に連絡し、実現した。増田は「自分ひとりでは、なかなかできない。医療従事者の皆さまに少しでもありがとうの気持ちが届いて一人でも多くの命が救われることを願っています」と話した。