2020.5.15 05:00

【DoGolf】壁に尻つけて前傾姿勢キープ 中島コーチのステイホームレッスン

【DoGolf】

壁に尻つけて前傾姿勢キープ 中島コーチのステイホームレッスン

特集:
ゴルフレッスン
DoGolf
中島コーチ

中島コーチ【拡大】

 ゴルフアカデミー中島(兵庫県三木市)の代表で、吉本ひかる(21)=マイナビ=や西村優菜(19)=フリー=らを指導する中島敏雅コーチ(47)が自宅でできる練習を紹介。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出自粛が続く中、壁を使って前傾姿勢をキープする方法を伝授する。

 新型コロナウイルスの影響で、みなさんも大変な苦労をされていると思います。外出自粛でゴルフに行きたくても行けない人もいるでしょう。そんなゴルファーの方々のために、自宅で簡単にできる練習を紹介したいと思います。

 基本的にゴルフは前傾姿勢でのスイングが必要なので、その前傾姿勢をキープするために壁を利用します。下半身の動かし方を覚える練習です。

 まずはアドレスしたときに両側のお尻が壁につくように構えてください。そこからテークバックしていくと左のお尻が離れ、右のお尻だけがつきます。次にトップからダウンスイングで両側のお尻がつくようにクラブを下ろしていきます。後で説明しますが、これが一番重要です。そしてインパクトからフォローで左のお尻だけがつき、最後にフィニッシュで壁から離れるという流れになります。

 アマチュアゴルファーは、ダウンスイングで右のお尻が離れてしまう場合がかなり多いです。両側のお尻がつくと前傾姿勢がキープできますが、離れてしまうと前傾姿勢が崩れてしまいます。前傾角度が変わると、体とボールとの距離が変わるので、トップなどの原因となります。ほかにも、ダウンスイングで右からいきなり左のお尻が壁についてしまう人もいます。腰が引けて体が開くスピンアウトになってしまいます。

 ポイントは両側のお尻です。やってみるとわかると思いますが、ダウンスイングで両側のお尻がつくというのはなかなか難しいものです。これができていないプロもいるくらいです。だから、私がプロにもやらせる練習のひとつです。実際のスイングでは一瞬の動きになりますが、両側のお尻が意識できると、前傾姿勢をキープした状態でのスイングになりやすいということです。

 右、両側、左の順番にお尻が壁につく練習をぜひやってみてください。

 ★一般アマチュアゴルファーレッスン受付中

 ゴルフアカデミー中島では、一般のアマチュアゴルファーのレッスンを受け付けている。新型コロナウイルスの感染予防として、コーチは全員マスク着用で指導。基本的には花屋敷GCよかわコースの屋外ドライビングレンジを使用し、打席の間隔を空けてレッスンを行っている。

ゴルフアカデミー中島

 ★所在地 兵庫県三木市吉川町福井字小西谷534の1(花屋敷GCよかわコース内) ★営業時間 午前9時-午後5時(月曜定休) ★アクセス 中国自動車道・吉川ICから約5分 ★問い合わせ 0794・72・2014

中島 敏雅(なかじま・としまさ)

1972(昭和47)年12月11日生まれ、47歳。東京都出身。15歳からゴルフを始める。日大卒業後、2001年「フジサンケイクラシック」でツアーデビュー。02年「久光製薬KBCオーガスタ」2位。169センチ、78キロ。

 ★三田ゴルフクラブ・サンスポ杯

 「三田ゴルフクラブ・サンスポ杯」を開催します。現在、参加者を募集中。奮ってご参加ください。

 ★とき 6月17日(水)

 ★コース 三田GC(兵庫県三田市三輪) JR三田駅より送迎バスあり

 ◇参加資格 すべてのアマチュアゴルファー

 ◇競技 18ホールズストロークプレー

 ◇集計 ダブルペリア方式

 ◇料金 1万1900円(キャディー付き、昼食・プレー終了後の1ドリンク付き、参加料含む)

 ◇賞 順位賞、参加賞

 《申し込み、問い合わせ》同GC 電話079・562・4081

 主催 三田ゴルフクラブ

 後援 サンケイスポーツ

 協賛 J-オイルミルズ、鍋屋 okamoto、白鶴酒造、greenstyle(順不同)

  • 中島コーチ
  • 中島コーチ
  • 中島コーチ
  • 中島コーチ
  • 中島コーチ