2020.4.10 15:51

タイガー・ウッズ「11月には連覇を」マスターズへの思い語る

タイガー・ウッズ「11月には連覇を」マスターズへの思い語る

特集:
マスターズ
タイガー・ウッズ
タイガー・ウッズ

タイガー・ウッズ【拡大】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で11月に延期された米男子ゴルフのメジャー大会マスターズ・トーナメントの当初の開幕予定日だった9日、昨年に復活優勝を果たしたタイガー・ウッズ(米国)が、米ディスカバリー系メディアが公開したインタビューで「幸運にも11月にはプレーできそうだ。その時は連覇を狙いたい」と心情を語った。

 大会の延期については「これは見えない敵との闘い。普通の状況じゃない」と理解を示したウッズ。2月のジェネシス招待を最後にプレーから遠ざかっている。3月には「まだ万全ではない」としていた腰の状態は休養期間で上向いていると言い「感触はずっといい。トレーニングで体をあるべき状態にしてきた」と手応えを示した。

 先日ジャスティン・トーマス(米国)と「なぜか力がみなぎって仕方がない」という話をしたという。気づいてみるとマスターズが行われる米ジョージア州オーガスタに向けて出発する時期だったそうで「体が無意識のうちにマスターズでプレーすることを知っていた」と競技者の本能を明かした。

 先の見えない日々が続くが、亡き父アールさんに教わった、一日一日よりさらに短い「一食一食」という心構えを支えにしている。「目の前のことを一つ一つやり遂げていく」との姿勢で非常時を乗り越えるつもりだ。(共同)