2020.4.1 05:00(2/2ページ)

【だから飛ぶ、もっと飛ばせるスイング教えます】胸面しっかり回してアドレス位置に戻す意識

【だから飛ぶ、もっと飛ばせるスイング教えます】

胸面しっかり回してアドレス位置に戻す意識

特集:
ゴルフレッスン
左脚を軸にしたドリル

左脚を軸にしたドリル【拡大】

 体重を乗せた左脚を軸にしているため、スイング軌道はアウトサイドイン。クラブヘッドを振り下ろし、振り抜く方向とフェース向きを決して同じにしないことがもう一つのポイントです。

 アウトサイドイン軌道はフェース面をかぶせ、インサイドアウト軌道だと開こうとします。クラブを手先で振り下ろす悪癖を正すためにも、胸面をアドレス位置に戻す意識でダウンスイングし、左腰の高さまでクラブをアウトサイドイン軌道でスイングしましょう。

 フェース面をかぶせずにインサイドへ振り抜けば、厚い当たりでストロレートボールが飛び出します。胸面の回転でボールを捕らえる感覚をこのドリルで養ってください。

★オンワードゴルフサロン

 2017年9月オープンのインドアスクール「オンワードゴルフアカデミー」の新サービス。受講者が送ってきたスイング動画を、向江氏や同アカデミーヘッドプロの伊藤敦氏が音声解説付き添削動画で返信してくれる。他にもさまざまな動画コンテンツが用意され、月額3300円で利用できる。問い合わせは電話03・6411・7688。

向江 寛尚(むかえ・ひろたか)

 1972(昭和47)年11月1日生まれ、47歳。東京・三鷹市出身。日体荏原高から法大に進学。99年にプロ転向し、アジアツアーなどを経て2005年からレッスンプロとして活動。17年から「オンワードゴルフアカデミー」のディレクターコーチを務める。グローブライド社「ONOFF」のクラブ開発・監修も手がける。181センチ、82キロ。

  • 左脚を軸にしたドリル
  • 左脚を軸にしたドリル
  • 左脚を軸にしたドリル
  • 左脚を軸にしたドリル
  • 左脚に体重が乗らない悪い例
  • 胸面が回らず腕だけでクラブを振ろうとしてインサイドからクラブが下りてくる