2020.3.25 05:01

霞ヶ関CC開催へ調整必要、JGA・倉本強化委員長ら話し合い

霞ヶ関CC開催へ調整必要、JGA・倉本強化委員長ら話し合い

 日本ゴルフ協会(JGA)は24日、東京都内で五輪競技対策本部の強化委員会を開いた。新型コロナウイルスの影響で東京五輪の延期が確実となった状況を受けて、強化委員長の倉本昌弘氏(64)は会場の霞ヶ関CC(埼玉・川越市)について「芝の維持が可能か、時期が変わってもコースを貸してもらえるのかも話し合わないといけない」と調整が必要との認識を示した。

 この日発表予定だったユニホームには「TOKYO2020」のロゴが入っており、来年に延期された場合の扱いは未定。メダル獲得の報奨金は2016年リオデジャネイロ五輪から2倍となり、金で2000万円、銀で1000万円、銅が600万円の見通しとなった。 (稲垣博昭)