2020.3.25 05:00(1/2ページ)

【だから飛ぶ、もっと飛ばせるスイング教えます】正しいバックスイングを身に付けよう

【だから飛ぶ、もっと飛ばせるスイング教えます】

正しいバックスイングを身に付けよう

四股のスタンス幅からスイングすると右脚で「受ける」感覚が出てくる

四股のスタンス幅からスイングすると右脚で「受ける」感覚が出てくる【拡大】

 丁寧なレッスンと最新スイング理論が評判のインドアスクール「オンワードゴルフアカデミー」(東京・世田谷区)のディレクタープロ、向江寛尚氏(47)による飛距離アップ術「だから飛ぶ、もっと飛ばせるスイング教えます」。第1回では体重移動の誤解を解くとともに、上半身の動きを確認するだけで飛ばせるようになることを分かりやすく解説します。(取材構成・伝昌夫、協力・オンワードゴルフアカデミー)

 ゴルフは体重移動をしなければ飛ばすことができません。しかし、その方法を間違えると飛ばずに曲がるばかりです。

 バックスイングでは右脚や右股関節に体重を移しながら、トップスイング位置へクラブを振り上げる。実はこれが、スエーやスイング軸のぶれ、オーバースイングを招く元凶。右脚や右股関節に体重を「移す(乗せる)」ではなく、「受ける」意識でバックスイングしましょう。

 「移す」とスイング軸が右サイドにズレるため、ダウンスイングで回した左肩をアドレス位置に戻すことができません。手先でクラブの軌道を修正せざるを得なくなり、ダフりやトップになるのです。「受ける」ようにバックスイングすれば、軸を右へ動かさずに左肩(胸面)を回してダウンスイングでアドレス位置へ戻せるので、ミート率(アドレス再現性)が劇的に高まります。

 「受ける」感覚を体感するには、相撲の四股を踏むほどスタンス幅を広げてバックスイングしてみてください。右膝と右股関節の距離を広げるほど、体重を「移す」のではなく右脚で「受け止める」感覚が出てくるはずです。アドレス時、右股関節にボールペンをあてがってバックスイングしてみても体感できます。ボールペンを挟み込むのが「受ける」、挟み込めずに落ちてしまうのが「移す」です。

【続きを読む】

  • アドレス時、右股関節にボールペンをあてがってバックスイングしてみる
  • 胸面を回すと両手の長さの差がない
  • 胸面を回せないと両手の長さに差ができる
  • ショットラインに対して胸面が垂直