2020.3.15 05:01

J・トーマス、マスターズ延期に「がっかり」も「これが今の現実」/米男子

J・トーマス、マスターズ延期に「がっかり」も「これが今の現実」/米男子

特集:
マスターズ

 【ポンテベドラビーチ(米フロリダ州)13日(日本時間14日)】4月9日に開幕予定だった男子ゴルフのメジャー初戦「マスターズ」(米ジョージア州、オーガスタ・ナショナルGC)が新型コロナウイルス感染拡大で延期されたことを受けて、多くの選手が決定に理解を示した。

 世界ランキング4位のジャスティン・トーマス(26)=米国=は前日の第1日のみで打ち切られた米ツアー「プレーヤーズ選手権」の舞台だった当地で取材に応じ、「がっかりした。個人的にはプレーしたい」と落胆。それでも「関係者全員の安全と健康が最優先。これが今の現実だ」と冷静に受け止めた。

 元世界1位のジェーソン・デー(32)=オーストラリア=が「正しい決断だ」と語るなど、大半は「驚きはない」「避けられない」と決定を支持する反応。世界12位のザンダー・シャウフェレ(26)=米国=は「中止ではなく延期というのは希望が持てる」とした。昨年の「マスターズ」ではタイガー・ウッズ(44)=同=が11年ぶりのメジャー制覇で復活を印象づけた。

ツアー日程へ