2020.3.15 05:02(1/2ページ)

植手、雨にも負けず「67」でV!滝川二高の後輩・安田に刺激/国内女子

植手、雨にも負けず「67」でV!滝川二高の後輩・安田に刺激/国内女子

優勝した植手はトロフィーを手に笑顔

優勝した植手はトロフィーを手に笑顔【拡大】

 サンケイスポーツ大阪レディスオープン(14日、大阪・アートレイクGC=6457ヤード、パー72)植手桃子(22)=扶和メタル=が6バーディー、1ボギーの67で回り、5アンダーで優勝した。川中俊果(19)=大阪桐蔭高卒=が3アンダーでベストアマに輝いた。

 気温8度の冷たい雨にも負けなかった。植手が67をマークして優勝。キュートな笑顔が輝いた。

 「優勝は狙っていました。ショットもパットもよく、すべてがかみ合いました」

 2番でボギーが先行したが、4番(パー4)で2打目を1メートルにつけて取り返すと、7番から3連続バーディー。8番(パー3)は9メートルを沈めた。

 苦手なパターを特訓してきた成果だ。普段からカップに入れるのではなくペットボトルに当てる練習を繰り返している。「カップに入れようとすると力を加減してしまう。当てることだけ考えれば、しっかり打てて緩まない」。この日もスタート前の練習グリーンでペットボトルに命中させてから試合に臨んだ。

【続きを読む】

  • 冷たい雨にも負けずにスコアを伸ばした