2020.2.5 05:00(1/2ページ)

【西村優菜の私はこれでプロになりました】パター編 手首使わず肩でストロークしよう

【西村優菜の私はこれでプロになりました】

パター編 手首使わず肩でストロークしよう

手打ちの人は手首が谷折りになる

手打ちの人は手首が谷折りになる【拡大】

 昨年のプロテストに一発合格した西村優菜(19)=フリー=によるレッスン連載の最終回は、パター編です。手首を使わずに肩でストロークすれば、安定したパッティングができるはず。そのための練習法や注意点などを伝授します。 (取材構成・白石大地、協力・ゴルフアカデミー中島、花屋敷GCよかわコース)

 パッティングのとき、下半身が動いているアマチュアの方をよく見かけます。下半身が動くとミスにつながります。おなかを意識しながら、肩でストロークすることを心がけましょう。

 棒を使った練習をおすすめします。練習用のアライメントスティックでもいいですし、他のクラブでも構いません。肩のラインと水平になるよう、両脇に挟んでください。テークバックでインに引いたり腰が回転したりしてしまう人は、棒が前後に動きます。棒を上下に動かして、真っすぐ引いて肩でストロークできるように練習してください。

 手首を使って打つ人も多いです。パターは最も力を入れないクラブ。手首を使うと力が入り、一定のリズムで打つことが難しくなります。距離感や方向性が合わなくなる原因となります。

 パッティングでは左手を意識してください。左脇を少し締めて、腕と手の甲が一直線になるようにすることが大切です。手首を使う人は、インパクトの後に手首が谷折りになっています。左手の甲をパターのフェースと見立てて、甲でボールを押していく感じで打つよう意識しましょう。左手だけで打つ練習も効果的です。

【続きを読む】

  • 左腕と左手甲が一直線になるように打つ
  • 脇に挟んだ棒が前後に動くとダメ
  • 脇に挟んだ棒が肩のラインに合わせて上下に動くように
  • 横から見るとラインの見え方が変わってしまう
  • 顔を上げて見るとラインのイメージが変わらない