2020.1.24 12:22

米ESPN、20年初戦はウッズにとって「ポジティブな始まりとなった」/米男子

米ESPN、20年初戦はウッズにとって「ポジティブな始まりとなった」/米男子

特集:
タイガー・ウッズ
第1ラウンド、18番でティーショットを放つタイガー・ウッズ=トーリーパインズGC(共同)

第1ラウンド、18番でティーショットを放つタイガー・ウッズ=トーリーパインズGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフの「ファーマーズインシュアランス・オープン」が23日(日本時間24日)、米カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGC北・南C(ともにパー72)で開幕。2020年の初戦となったタイガー・ウッズ(44)=米国=は北コースを5バーディー、2ボギーの3アンダー69で回り、21位で発進した。キーガン・ブラッドリー(33)=米国=とセバスティアン・カペレン(29)=デンマーク=が6アンダー66で首位に立った。

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)はこの日、「タイガー・ウッズ、2020年を3アンダー69でスタート」との見出しで、「この日のオープニングラウンドではいくつか不安定な場面もあったが、大まかに見てウッズにとってポジティブな始まりとなった」と報じた。ウッズは「全体的に見ていいスタートになった」と感触を口にした。

リーダーボードへツアー日程へ