2020.1.24 12:01

ウッズ、今年初ラウンド「アドレナリンが出た」/米男子

ウッズ、今年初ラウンド「アドレナリンが出た」/米男子

特集:
タイガー・ウッズ
第1ラウンド、18番でティーショットを放つタイガー・ウッズ=トーリーパインズGC(共同)

第1ラウンド、18番でティーショットを放つタイガー・ウッズ=トーリーパインズGC(共同)【拡大】

 米男子ゴルフのファーマーズインシュアランス・オープンは23日、カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGCの2コース(パー72)で第1ラウンドが行われ、今年初戦のタイガー・ウッズ(米国)は69で21位。

 昨年末に44歳となったウッズの今年初ラウンドは69。比較的易しいノースコースで5バーディー、2ボギーと伸ばし「久しぶりの試合でアドレナリンが出た。60台のスコアは悪くない」と評価した。

 ツアー史上最多タイの82勝のうち、8勝を挙げた得意コース。序盤はショットが乱れてボギーが先行したが、後半は3バーディーと立て直した。最終9番はグリーン手前から1メートルに寄せて伸ばし、大勢のファンを喜ばせた。「少しフェアウエーを外したが、思ったように打てている」と、新しくしたドライバーの感触も上々のようだった。(共同)

リーダーボードへツアー日程へ