2020.1.15 05:00(1/3ページ)

【西村優菜の私はこれでプロになりました】ショット編 ペットボトルでテークバック練習

【西村優菜の私はこれでプロになりました】

ショット編 ペットボトルでテークバック練習

ペットボトルを後ろに置いて構える

ペットボトルを後ろに置いて構える【拡大】

 昨年のプロテストに一発合格した西村優菜(19)=フリー=によるレッスン連載「ミレニアム世代・西村優菜の私はこれでプロになりました」がスタート。アマチュア時代から“ミレニアム世代”として注目された2000年度生まれの選手の中でも代表格の19歳が、これまで取り入れてきた練習や身につけた技術などを全4回にわたって紹介。第1回はショット編です。 (取材構成・白石大地、協力・ゴルフアカデミー中島、花屋敷GCよかわコース)

 西村優菜です。昨年のプロテストに合格して、今年からプロとして頑張っていきます。応援よろしくお願いします。今回の連載では、私がアマチュア時代から練習してきたことなどを紹介させていただきます。皆さんのお役に立てればいいな、と思います。

 第1回はショット編。私がポイントにしているのは右の股関節です。テークバックで体重をしっかりと右のお尻に乗せること。それができれば、あとはダウンスイングで右に乗ったパワーを左に伝えるだけです。

 右の股関節に体重を乗せるためには、左肩を入れなければなりません。アマチュアの方の中には手だけでクラブを上げている人がいますが、これでは体重がしっかり乗りません。そこで意識してもらいたいのが、体の右側のスペースを使うことです。

 左腕が体から遠くなるイメージ。そうすると、自然に左肩が入っていきます。右のスペースを使えばダウンスイングで空間の余裕ができるので、つまってダフることもなくなります。

【続きを読む】

  • ペットボトルの向きが変わらないように50センチくらい真っすぐ後ろに引く
  • ペットボトルを後ろに押してからクラブを上げる
  • ステップ打ちで股関節に乗る動きを覚える
  • ステップ打ちで股関節に乗る動きを覚える